Events

0からのプロダクトの立ち上げ方 UX & Service Sketch #26

2017/03/08 19:30〜
終了

170308-uxsketch

今回のテーマ: 「0からのプロダクトの立ち上げ方」

アイデアもチームも決まっていない段階から、如何に良いプロダクトを世に出すか。昨年Googleにより開催されたAndroid Experiments OBJECTにて見事グランプリを受賞するまでに至ったプロダクトは、まさにアイデアもチームも無い状態からスタートしていた。その一連の流れを追うと、あらゆるものづくりに共通するベストプラクティスが見えてくるかもしれない。

今回はそのグランプリ受賞に関わられた方をお招きし、チームビルディングやアイデア出しなどでトライされた事から、体験設計やデザインプロセス、その思想などのお話を伺います。

Android Experiments OBJECTについて

Googleが主催する「未来をつくるデバイス」コンテスト。グランプリに選ばれたコンセプトアイデアは、Google他協賛企業の支援を経てプロトタイプ開発が行われた。実際に触って体験できるプロトタイプが、六本木ヒルズ展望台 東京シティビューにて3/12(日)まで展示されている。ぜひ訪れてほしい。

プレゼンテーション

ハイレベルメンバーによる共創実験
タキザワケイタ | TEAMmined – Leader / Service Designer, Workshop Designer

Chronoscape」をカタチにした「必然」と「偶然」
宮崎了 | ziba tokyo – Experience Designer / TEAMmined – Chrnoscape Leader, Concept
加来幸樹 | Septeni co.,ltd. – Senior Chief Director / TEAMmined – Copywriter

妊婦にやさしさが伝わる「スマート・マタニティマーク
タキザワケイタ | TEAMmined – Leader / Service Designer, Workshop Designer

アイデアと情熱があれば誰もが未来をつくれる
井上裕太 | \QUANTUM Inc. Startup Studio事業責任者