News

堀江貴文氏基調講演!リクルート新規事業提案制度 成果発表会が開催!

2016/03/16

リクルートの事業育成機関『Media Technology Lab.(以下、MTL)』主催の『New RING SUMMIT』が開催されました。『New RING』とは、『ゼクシィ』『カーセンサー』『R25』『ホットペッパー』『スタディサプリ(旧受験サプリ)』など、リクルートの基幹事業を輩出してきた新規事業提案制度。2012年の分社化を機に、現在はリクルートグループの全従業員がエントリーでき、領域もセグメントしない『New RING RECRUIT VENTURES』と、グループ各社が自社の事業領域に特化させる形で推進している取り組みで構成されています。

本サミットは、その名称が示すように、グループ各社が一堂に会し、それぞれの『New RING』の成果を共有することで互いに刺激をうけ、さらなる社内新規事業創出の活性化を目指す試みです。

プログラムは3部構成。今回の『New RING』を通じて事業化のチャンスを手にした10チームのプレゼンテーションをメインに、堀江貴文氏(SNS株式会社 ファウンダー)の基調講演およびプレゼンテーションに対するコメント、トークショーをはさんだ懇親会という構成で行われました。
summit161
堀江氏の基調講演は非常に示唆的な内容であり、メイン会場と2つの会場を中継でつないだ質疑応答も含め、多くの気づきをいただく形となりました。また、各プレゼンテーションへのコメントでは、スケールアップにつながるアイデアを惜しげもなくご提示くださり、参加者が熱心にメモをとる様子が見られました。
summit162
さらに堀江氏は「選考を通過しただけあり、ツッコミどころの少ないアイデアばかりでした。リクルートの10年後を牽引する骨太のビジネスに育ちそうなものもひとつ、ふたつありました」と所感を述べたうえで、事業家として興味を持ったアイデアにも言及。将来的に大きなイノベーションを生んだ際に、自分も本サミットに参加したことを感慨深く振り返る日がくることを楽しみにしています、と語りました。そのうえで「残念だったのは、プレゼンテーションスキル」とし、ブラッシュアップの具体的な手法も紹介してくださいました。そして最後に「最初の半年から1年にかけてリーダーがどれだけ本気になれるかが明暗をわけます。リクルートスピリッツを忘れずに頑張ってください」とエールをくださいました。
summit163
その後に行われた懇親会では、堀江氏も時間の許す限りご参加くださり、受賞チームをはじめ、その場に集ったリクルート従業員と親睦を深めてくださいました。また、懇親会の中盤には、チームメンバーによるトークセッションも開催。
summit164
起案のきっかけ、障壁の越え方、失敗談など、実体験をベースに貴重な話がシェアされ、『New RING』へのエントリーを促す有意義な場となりました。

MTL室長の麻生要一氏は、初の試みとなった本サミットを来年も実施したいと見解を述べたうえで、参加者に「帰宅後、すぐ『New RING』にエントリーを!」と呼びかけました。この場の刺激がどのような事業を生みだすのか。大いに期待したいと思います。
名称未設定 1
MTLweb編集部
今回の『New RING SUMMIT』。堀江氏の基調講演や各プレゼンテーションに対するコメントから多くの気づきをいただくことができました。とくに、チームメンバーが考え抜いたビジネスアイデアに、その場でアイデアを乗せていくさまは圧巻でした。受賞チームのみなさまには、堀江氏のアドバイスをもとにどんどんピボットし、より大きなイノベーションを生んでほしいと感じました。