News

藤田晋氏、堀江貴文氏が参加!リクルート新規事業提案制度 成果発表会『New RING SUMMIT』開催!

2017/03/28

2月21日、藤田晋氏(株式会社サイバーエージェント/代表取締役社長)と堀江貴文氏(SNS media&consulting株式会社/ファウンダー)をゲストにお招きして、リクルートグループ各社の社員が一同に介する『New RING SUMMIT』が開催されました!

summit17w_07

 

『New RING』とは、リクルート社内で行われる新規事業提案制度のこと。これまでに『ゼクシィ』、『カーセンサー』、『R25』、『ホットペッパー』、『スタディサプリ(旧受験サプリ)』など、後にリクルートの基幹事業となるサービスを数多く生み出してきました。また、2012年の分社化以降は、リクルートグループ各社で『NewRING』を開催。リクルート全体でさらなる新規事業創出の活性化をすすめています。

今回の『New RING SUMMIT』では、各社『New RING』、RECRUIT Holdings主催のNewRING、『RECRUIT VENTURES』で事業化へのチャンスを手にした7組が、思い思いのプレゼンテーションを行い、イベントに参加したリクルート社員の意識を高めてくれました。

その基調講演として、藤田晋氏には新規事業を次々に生み出してきたこれまでの軌跡についてのお話を、成果発表の後には去年の『New RING SUMMIT』にもお越しいただいた堀江貴文氏には成果発表に対しての講評をいただきました。

 

藤田晋氏の基調講演によって、本サミットがいよいよスタート!

summit17w_04

 

株式会社サイバーエージェントは、新規事業の立ち上げによって数多くの会社を生み出し、現在84社(2017年2月現在)もの子会社を抱える、言わずとも知れた日本を代表するIT企業。これまでほとんどの子会社を売却せずに、自分たちの手で大切に育ててきたという藤田氏。

実は、学生時代にアルバイトとして働いていた会社がリクルート出身者4人で立ち上げた会社で、リクルートとのつながりはその頃からあったのだと語ります。

その藤田氏が、新規事業を立ち上げる上で大切にしていること。それは、「とにかくスピーディーに。出遅れるより早すぎるほうがマシである」ということ。それが、サイバーエージェントの企業文化にもつながっているのだと語ります。

また、新規事業を生み出す仕掛けとして、社内での取り組みの1つ『あした会議』やリクルートとの共同プログラム『FUSION』などをご紹介いただきました。

summit17w_01

そして、「プレゼンテーションが始まる前に言うのもあれですが…」と前置きをされた上で「事業を起こす上で大事なことはビジネスプランだけでなく、経営陣の能力の高さとやる気の高さ、責任感の強さ」とおっしゃられました。

講演の最後には、「既存の業界でも落ち込んでいる業界は多くある。そこに“リクルートウェーブ”をぶつけていってほしい」とのエールをいただきました。藤田さん、ありがとうございました。

 

その後、7組による成果発表が行われ、藤田氏、堀江氏からチームごとに講評をしていただきました。

summit17w_03

 

中には、藤田氏から「これは、思わぬポテンシャルがあるのでは」といったご意見、堀江氏から「世界に展開しないんですか?楽勝で世界に行けそう」といったご意見など、嬉しいお言葉をいただけたプレゼンテーションも。発表を行ったチームのみなさんはそれぞれに、ヒントとなるものを掴めたようです。

 

7組全ての発表が終わり、堀江貴文氏による全体の講評へ。

summit17w_08

 

まずは「プレゼンテーション能力を向上させましょう」との指摘をされ、「プレゼンテーションによって、内容が5割増し、10割増しになることもある」とのアドバイスをいただきました。

そして、「世界を変えるような事業を見てみたい」とおっしゃられ、最後には「世界を代表する企業になる可能性があるリクルートのリソースを活かして、大きな事業を発案してほしい」とのメッセージをいただきました。堀江さん、ありがとうございます。

 

その後には、藤田晋氏、堀江貴文氏に会場からの質問に答えていただきました。

「新しいサービスやプロダクトを考えるために、日々取り組んでいることや意識していることは?」との会場からの投げかけに、藤田氏は「真面目に毎日仕事ばかりをしていると、日々の課題に追われて考えることができない。そこで、『あした会議』などを利用して意図的に考える機会を作るようにしている」とのこと。

そして、堀江氏からは「ニュースアプリやSNSを見て、情報収集をしているだけ。大量にインプットして大量にアウトプットする。そのアウトプットをする時に、例えばTwitterであれば140字以下にしなければいけないので、ある程度自分の中で咀嚼して考える。それを毎日繰り返すことで自然に新しい考えが出てくる」との返答をいただきました。

summit17w_09

 

また、講評で堀江氏がおっしゃった「プレゼンテーション能力が大事」というお話について、藤田氏から「実際に事業をやるのとプレゼンテーションがうまいことは関係ないのでは?」という意見が出る場面も。それに対して堀江氏は「プレゼンテーションは技術の問題だと思っているので、退屈なプレゼンをする人の話は聞かない」とのこと。その後もお互い一歩も譲らないおふたりの白熱した議論が続き、会場中の社員が興味津々。おふたりの言葉に、笑いが起こる場面もありました。

 

その後は、藤田氏、堀江氏を囲んでの懇親会へ。

7組のチームのメンバーを始め、多くのリクルート社員と親睦を深めてくださったおふたり、ほんとうにありがとうございました。

summit17w_06

「世の中をもっとよくしたい」、「世界を変えたい」という熱い想いを持って入社した、多くのリクルート社員の心に響くイベントとなった本サミット。その想いをビジネスというかたちに変えて、新しい未来を生み出していきたい。多くの社員が、そう決意した一夜となりました。